THE プリンカップ!!

幼虫採れすぎちゃったw

2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

MINAMさんプレ開催

昨年MINAMIさんのちびっ子プレ企画に参加させて頂きました。ウチのクワをもらってくれた子からお礼のハガキが来たりしてちょっとびっくりし、そして感動しちゃいました。そのMINAMIさんがプレを開催するということで私も協賛しました。

プレ個体は今年羽化した♂80~81位のと♀51位のペアです。「~位」というのはまだどれにするか決めてません。ラインは♂は2013年の9番か14番になります。♀は2013年の9番、12番、14番のいずれかですが、希望があれば合わせます。詳しくは系統図参照してください。

よろしくお願いします。


私の応募は・・・しました。あれにしましたよ。当たるといいなぁ。



お二人にコメント頂きましたが、読み逃げで結構ですよぉ
スポンサーサイト

| 未分類 | 22:54 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名産品をダンク!!

昨日土曜日は子供の運動会の予定でしたが、雨で本日に延期。勿論今日も中止で来週土曜日に延期になりました。土日の仕事の日程が組み辛くなってます。

ところで先週、こんなものが届きました。

DSCF8492.jpg

名産品かぁ・・・


DSCF8493.jpg


男気「タケセイヨウさん」からの着弾です。タケセイヨウさんのブログに「Z1ラインに期待!!」とコメントしたら「飛ばしましょうか?」と・・・。結局3ラインで6頭とプロゼリーが・・・。


タケセイヨウさんのZ1ラインは♂825(ダイトウさん所有)で86UPが3頭でたライン、♀はTigaさん→タケセイヨウさんが幼虫で羽化させた個体。親は832と530で両方ともにGullさんの1107ライン(最大861)からのもの。凄いですね~。

A1ラインも凄くて802x502(yasukongさん→タケセイヨウさん)からの幼虫。前々ギネス866の子の861、その861からの子の802と502という、866の本流でございます。

C2ラインは802B(羽パカ)x505ですが802BはBKダイヤさん→タケセイヨウさんで850同腹であり羽パカで867が出ている。505はTigaさんからの成体をタケセイヨウさんの自ブリ羽化個体です。背景は・・・あとで勉強しておきます。系統図つくらなきゃ。

タケさん!こんな感じであってますか?

能勢名産品の全6頭の幼虫を到着後、即ボトルにダンク決めました!! ここでのダンクとは音速の貴公子mustarさんの愛犬のことではありませ~ん。




| 未分類 | 21:44 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

掘りたて~

5月にもう一回更新するつもりでしたが、6月になっちゃいましたね。

しかし、暑い!暑い~!!私の職場の事務室は節電のため、6月X日(何日だったか?)まで空調入れても暖房しか入らないそうです。昨日も事務室は暑いし、仕事上の信じられない出来事もあり、夕方は頭が真っ白なままボケーっとしてました。

本日も洗濯やら布団干しやら掃除をやって、各部屋のエアコンフィルター掃除して・・・大汗かきました。ホント暑い~^^;

(ブリード状況)

割り出し後の残骸のケースのマット底を確認するのが日課となってました。幼虫の走った痕を見つけ、取りこぼし幼虫をボトルに入れたのが3頭。もういないだろう、と先週金曜日に残骸の最終確認をし、ケースを片づけたんですが、2令が一頭追加されました。見落としありますね~。これで86頭です。追加セットの割り出しは今月中旬ごろを予定してます。(早まるかも)

羽化状況ですが、82.5mmがいいとこです。これもまだ仮計測ですが82mmはキープできるかな。あとは蛹3頭、一昨日羽化1頭、そして幼虫が10頭ほど・・・?ちょっと確認するかな?でももし掘って幼虫だったなら、予備の1400ccは1本だけしかないし・・・。

本日ボトルを耳にかざし、幼虫の「ズルズル」を確認してますと、「これは!?」って感じのが3本!!掘り出しました。

DSCF8490.jpg


2013YG919 9/7 21.0g 12/1 30.0g 80.0mm


DSCF8487.jpg


2013YG1423 9/9 25.5g 12/3 30.5g 80.5mm


DSCF8482.jpg


2013YG922 9/7 22.5g 12/1 26.5g 81.5mm


サイズは仮計測です。掘りたてです。いや、実際はクリアボトルに移してからその後撮影だから違うか。腹は赤くなかったので5月初めに羽化でしょうか?最後の個体は3本目26.5gですから、全く期待せずのボトルでした。所謂還元率がいい、とかいいますが低温時か加温時に食って成長したのでしょうかね。


今後の羽化個体から抜きに出たものがでなければ、来期は81~82.5mmあたりを種親に使うことになります。サイズばかりにとらわれず、同じラインでもアゴの形状など体の特徴に違いがありますので、じっくり見て種親を決めたいと思います。今年は1♂に4♀でしたが、来期は真逆で1♂に1♀で7ラインとか面白いかな。

でも・・・これからポコッっと大きいの出ないのかなぁ~、クワ神様~??


そ・し・て・・・掘り出したボトルを早速庭で洗ったらまた大汗、あち~。

| 未分類 | 14:32 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |